スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英雄在中物語
credit: Cassiopeia-family.com/forums (CSSPF)
shared by: jaejoong_love33 + fangirlmitz
Japanese translation: Ruri(lesl.seesaa.net)

(転載される方はこのクレジットを必ず載せて下さい)




それはずっとずっと前のこと。韓国のどこかで、
15歳の少年が生まれ育った町に長い別れを告げた。
少ない荷物を掻き集め、深い愛情を持ってくれている8人の姉と
両親にさよならを言ってソウルに向かう電車に乗る。

立ち去る彼の背に向け彼の家族は泣き叫び、
少年は愛する家族が彼のために
泣いてくれている声が聞こえていたが振り向くのが怖かった。
もし振り向いたら出立する勇気がなくなってしまう。

でもどうしてもこの夢だけは諦めたくない。
それに……家族に涙を見せたくはなかったから。
こうして、凍える冬に薄いジャケット一枚を着て、彼自身の夢のために、
夢にしか見たことがない大都市に向けて、

15年間生きて来て初めて懐かしい故郷を旅立った。



とうとう、列車が止まり、少年は電車から降り立った。
このおかしな、しかし混雑する道路、ネオン、栄光に彩られた
どきどきする町を見つめた。

それは彼が今まで何一つ見たこともない世界だった。
余りに圧倒的な世界に心細くなる。
本当に……本当にこんな街で自分が居場所を見つけられるんだろうか?
少年は躊躇い、決心が揺らいだ。

しかし、心に描いた夢は絶えなかった。
もしこうしてこのまま家に帰ってしまえば、そんな弱虫な自分を決して許せない。
だから、誰の助けもなく、うさぎ小屋のような小さな小さなアパートを自力で見つけて
……そこを自分の家と呼ぶことにした。



SMエンターテイメントは最大の音楽芸能事務所だ。
少年はそこで行われる第二回の歌手コンテストに向かった。
このコンテストで見出されれば一流の歌手になる道が開ける、
ロビーには彼と同じ夢を持った少年がたくさんいた。
少年はみなおしゃれをして来ていた。
カッコイイ服を着て、最新のMP3を耳につけながら練習していた。
少年は自分の地味な灰色のTシャツとジーンズを見下ろし、
すでに戦いに負けたような気になってしまった。

少年の審査番号は12。
審査部屋に入って行くと5人の無表情な審査官がいて緊張してしまう。
その時審査員が口を開いて歌うように促した。



こうして、彼の声は部屋のみんなを感動させた。
誰よりも柔らかく、余りにも純粋な声。
彼の声を聞けば誰もがこの悲しみと大きな感情の波に飲み込まれ、
しかしそれでも、いつまでもこの声を聞き続けていたいと願ってしまう。
しかし彼の声はまだ余りに柔らか過ぎか弱かった。



少年がコンテストに勝った理由は、その麗しき造詣だった。
完璧な肌、長い睫、女の子よりも愛らしい優美な特徴である濡れた大きな瞳、
ふっくらした唇、雪のような白さ。
審査員は君の顔は芸能界に入るために生まれたと言った。

少年はSMと7年の契約をした。内2年は練習生として音楽、ダンス、
他のレッスンの練習費を払わなくてはいけないがその後5年は芸能人になれるのだ。
自分の夢にこんなにも近ずける自分のことを考えて、
彼は来る2年が自分の人生でもっとも厳しい、
体験したこともない辛いものとなることをわかっていて契約した。

厳しくともこれこそが彼の夢なのだ。だから諦めることはできない。




こうして辛い2年が始まった。
少年は彼の実家が裕福ではないとわかっていたので一円も両親に頼ることなく
みんながまだ寝ている時間に印刷所は少年と同じ重さの新聞を積み立てる。
少年はバイクに乗って一軒一軒新聞を運ぶのだ。
午後は建築現場から建築の仕事の臨時バイトに駆けつける。
その麗しい顔をセメントの粉で覆い汚して、
上司に気に入られるためにその美しい声すらも控えた。


音楽のレッスンが終わった午後まだ早い時間は、
ウェイターのバイトに向かうため、ほんの少しのお金を節約するために
3時間かけて歩いてレストランに向かう。
少年はただ黙々と彼の仕事をこなした。
たった15歳の少年がしなくてもいいようなこともすべて黙々とこなしたのだ。
ただこの辛い二年を乗り切るために黙ってすべてのことをこなし続けた。
この日々をさえ乗り切れば自分の未来は輝きに満ちているのだから――。



できることならなんでもやった。
それでもまだ一日三食は食べられなかった。
例え残るお金が食べたり服を買ったりするのに足りなくても、
給料を貰えば、まずすることは練習費を支払うことだからだ。

とうとうある日、食べるお金が一切ないことに気づいた。
二日空腹に耐えて過ごし、彼のひ弱な体は歩くことさえままならなかった。
それでも練習費を払わなくてはならないという
プレッシャーに追われなんとか仕事に行った。
その夜、レストランのテーブルを片付けている時、
お客さんが残したスープに麺が半分以上残っているのを見つけた。
まだ暖かかった。これ以上飢餓に耐え切れず、手が震えた。
スプーンを取り、残っていた麺を食べ始めた。


あれ……なんでこんなにしょっぱいんだろ……。
その時、気づいた、それが自分の涙だと……
自分でも気づかない間に自分の涙がおわんに零れ落ちていたことに。



ある日、少年は病気にかかった。
高熱を出し小さな狭いアパートで三日三晩寝込んでいた。
幸いなことにすでにレッスン費は払ってあった。
だがもう三日分のバイト代が消えた。
だから再び、少年は弱々しく重い体を引きずって3時間の徒歩を費やし
レストランのバイトへと向かったのだ。


帰る途中、献血のブースを見つけた。
腹の虫が騒いだ。
そして再び、少年はしたくなかったことをした……
中に入って行き……一時間後、手に幾らかのお金を持って出てきた。
力ない体を引きずって店に入り、そこで一番安いクラッカーの箱を買った。




とうとうこんな二年を耐え抜き、彼は5人グループの一人に選ばれた。
会社はこれまでで最も優れたグループになるだろうと言った。
5人の少年はそれぞれまったく違う個性を持っていたが、
会社はその5人を合わせれば完璧になるだろうと考えたのだ。
少年たちはグループの一員に選ばれとてもラッキーだと思った。
そしてその時こそ、少年が最年長として、彼を慕う4人の弟ができた瞬間だった。



彼らが最初のCDを出した時、
それはたった二つの曲しか入っていなかったにもかかわらず、
韓国チャートでトップを取り、
韓国ではCDが余り売れないと言う事実をぶち壊した。
少年はとうとう成功を味わった。
日々増えていくファンレターに、過去二年のすべてが報いたのだと実感した。



しかし完璧なものなどと言うものは存在しない。
良い時間はいつも短いし、実際には残酷だ。
初めてファンミーティングを開催した時、
訪れたファンは他のメンバーのファンばかりだった。
他のメンバーの前に並ぶファンの列を横目に、
自分の前には一人として並んでいないのだ。
少年は叫び泣き出したかった。

スタッフはこの状態を変に見せたくなかったので
何人かのファンを少年の前に連れて来た。
彼は悲しみを耐え、女の子のファンと話し始めた。
しかしファンの子は冷たく言い放った
「私無理やりあなたの列に並ばされたわ、あなたのこと好きでもないのに」
……彼の心は再び粉々になった。

しかし泣かなかった。
その代わり血が滲む程唇を噛み締めた。
それでもみんなの前で涙を見せたくなんてなかった。
特に自分自身には。
彼にはどうしてファンに嫌われているのかわからなかった。

しかし彼が本当に知らなかった事実とは、
ミーティングルームが満員で仕方なく彼のファンは
建物の外でまだ彼を待っていたという事だ……
彼とともに、彼のファンの心も粉々になっていたのだ。



その後、インターネットを見て知った事実に
彼はついクスクスと笑い出してしまった。
自分が嫌われているわけでも、
自分が何か至らない訳でもなかったのだ。

それはくだらない、訳のわからない理由だった。
ただただ彼は可愛すぎたのだ……
女の子たちが嫉妬するほどに……
彼は決して諦めなかった。
毎日親しみある笑みを顔に浮かべてみんなと向き合い、
彼が本当はどんな人物なのかみんながわかってくれることを、
彼の声を聞いてくれることを祈り願っていた。


しかし頑張れば頑張るほどに、プレッシャーを感じてしまった。
パフォーマンスの最中にミスをすると、緊張してしまい、
それでもっとみんなに嫌われてしまうんじゃないかと怖くなった。
それで少しずつ、少しずつ、少年は
自分のすべての行動や言葉を捉えるカメラの前で笑うのを止めてしまった。



その結果、ファンは彼が余りにクールを装い過ぎていると噂し、
会社は彼をグループから外し新たなメンバーを加える事を
考えなくてはならなくなった。
彼は本当に怖かった、実質的に彼の第二の自宅となったその場所を離れたくなかった。
しかし少年は、自分が会社にとって
ただの金を生む「部品」に過ぎないことをよくわかっていた。
消費者が彼と言う部品に飽きたのなら、
会社は部品を新しいものと交換しなくてはならないのだ。



果たして彼が他のメンバーと交代させられることはなかった。
ファンがグループに彼を居続けさせて欲しいと会社に嘆願し、
彼の名誉のために何日も通りを練り歩いた。
そしてグループの最年少、チャンミンは、
マネージャーにそんなことはしてはいけないと禁じられていたにもかかわらず、
カメラの前で、会社が少年を追い出すなら
彼も契約を破棄して高校生に戻ると懇願したのだ。


少年は泣いた。
グループの誰もが音楽に情熱を傾け、
一番若いチャンミンですら、彼のように、今日この場所に至るまでに
耐え難い苦労をしてきたのを知っていたからだ。
少年は更にもっと彼が持ち得たすべてのものを心から愛するようになった。
更に練習に練習を重ね始め、彼のファンに感謝し、
また彼を愛してくれるファンに最高の自分を見せたかった。




コンサートの最中、彼はいつも観客を見回す。

ディレクターは彼が歌う時おかしく見えるよと言った。
でも少年は「歌手にとってみれば歌う時は一点を見つめて歌う方がいいと思う。
でも僕にはできないんだ。
そこに居る一人一人のファンの顔を見たいから。
そのせいで自分がみっともなく見える映像が撮れてしまっても、僕は気にしない」
そう答えたのだった。



ダンスの練習をしていたある日、少年は転んでしまった……
彼はダンス中の転倒なんてよくあることだと思った。
しかし今回は起き上がれなかった、彼の膝が恐ろしく痛んだ。
部屋の片隅にうずくまって震えだした彼を、
リーダーのユノが何も言わずに背負い込むと一番近い病院へと連れて行った。
緊急治療室のドアが閉じる瞬間、少年はドアの向こう側に4つの見慣れた影を見た。
彼を心配し、彼のために祈る姿を。



医者は右膝がほとんどダメになってるから至急手術が必要だ。
大手術だから術後長期休養が必要だと言った。
しかし彼は拒んだ。

術後二日目にはスケジュール通り、
他のメンバーとともにソウルオリンピックスタジアムに居て彼のファンと対面した。
このミーティングの前、ユノはずっと彼の傍に付き添い、
一瞬たりとも彼の傍を離れようとしなかった。
このファンミーティングの間、新年に何を望むか聞かれたチャンミンは答えた。
 「ヒョン(≒お兄ちゃん、先輩)が早くよくなりますように」




少年は泣くのが大嫌いだから、俯いた。
涙が零れ落ちないよう、必死で我慢した。
やがてファンを見た時、そこには彼のために泣いているファンの姿があった。
心が壊れた。
マイクを取ってこう言った

「ぜんぜん痛くないよ。
本当に。
どうか僕のために泣かないで。
みんな笑顔で向かい合おう。ね?」



少年がみんなに初めてついた嘘だった。
術後24時間も経ってないないのに、どうして痛くないなんてことがあるだろう?
しかし彼は耐え抜いた。
彼のファンに向けた彼の愛のために。


とうとう全快し、友達とお祝いをした。
車で帰宅する途中、飲酒運転で警察に捕まってしまった。
ユノは一言もなく警察署まで迎えに来てくれたが、
少年にはユノや他のメンバーを失望させたことがわかっていた。



会社から二週間の謹慎を受けたが、
彼にはそれが馬鹿な行動の罰としては実際にはもっとも軽いものだとわかっていた。
そしてメンバーが何度も何度も会社に懇願してくれたからこそ、
彼が追い出されずに済んだこともわかっていた。
だからこそ次のファンミーティングで声を上げた。
みんなに謝罪すると。
ファンが彼を許すと、まだ彼を愛していると言ってくれた時
 ……それが初めて少年がファンの前で涙を見せた瞬間だった。



少年は更に更に人気者になっていった。
人々は彼をその麗しい顔だけでなく、美しい声を持った情熱的な音楽家で、
失敗と向き合うことを恐れない勇敢な心を持っている子だと理解し始めた。
「私たちはあなたを許します」と言うファンからのたった一行の言葉が、
彼が前に進み続けるために必要な信じる気持ちのすべてを与えてくれた。



この少年、キム・ジェジュンが韓国で最高のグループ、東方神起のメンバーだ。
会社は彼にヨンウン=英雄ジェジュンと言うステージネームをつけた。
だから少年がいつだって泣きたくなった時には、
彼自身そうしてはならないと思い出すのだ……なぜなら彼は英雄ジェジュンだ、
英雄は泣かない……戦いに勝つまで、英雄は最後まで戦い続けるのだ。




東方神起のファンは最初にジェジュンを見た時、
こんなに儚いイメージの子の名前が英雄なんてありえないと思ったと言うでしょう。
でもこれで彼の名前がなぜ英雄なのかわかったはず。
彼はその美しさの下に、本物の英雄の魂を宿しているのだから。




credit: Cassiopeia-family.com/forums (CSSPF)
shared by: jaejoong_love33 + fangirlmitz
Japanese translation: Ruri(lesl.seesaa.net)
(転載される方はこのクレジットを必ず載せて下さい)

スポンサーサイト
プロフィール

愛莉

Author:愛莉
性別♪女
学年♪高2
住♪アメリカ
 
♪:*:・・:*:♪
ちょっと(!?)バカな高校生です☆
日本に住んだ事がなく、家でしか日本語を使わないので、もしかしたら「アナタ何イッテルノー」と思ってしまう所があるかも…笑

K-pop・ジャニーズ・ボーカロイド
結構何でも好きです(○ゝω・)b

初めての人はこちらを読んでください!

ヨロシク!

アクセスカウンター
カレンダー
03 | 2001/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
コメント
いつもありがとう!
月別アーカイブ
リンク
カテゴリー
ブログラム
ブロとも申請フォーム

ブロともになる★

いくつになったの ver2
いくつになったの
いくつになったの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。